. . .

どうもどうもー。
ツシマです。

昨日までのプロレスの話をしそうですが、ここは手帳記事なのでグッとこらえて…

ああ、今日はこれにしましょうか。

TOKUNOさんは輸入車販売会社を経営されているミニマリスト。持ち物を極端に減らす、いわゆるミニマリストの中でも「極限」の部類で、家具家電どころか家もないそうです。本当のプライベート空間として車だけがあると。持ち物以外にも、いろんな場面でミニマリズムを貫き、会社の業績をどんどん伸ばしていらっしゃるそうです。

持ち物をここまで減らすのは出来ないけど、それよりもこの「自分株式会社」って素敵な考え方だなあと感じました。

自分の部屋が、家が、お店だと考える。持ち物ひとつひとつが自分のイチオシである。余計なもの・恥ずかしいものがない。これが自分流なんだと言える。

時間の使い方、仕事への姿勢、他人への接し方、付き合う人、SNS、生き方も。そうありたいものです。

余分が美しさを生むというのには同意見ですが、それは本質…自分のやるべきことであったり、本当に大切にすべきものを目一杯味わいつくしているからこそ余分が美しいのだと思います。

TOKUNOさんの場合は収入がそもそも高いというのとは別に、持ち物が少ない…物欲がとにかく低く買うものが少ないから、ひとつひとつにこだわれたり、雑務に追われないから自分のやるべきことに集中出来ていらっしゃるのだろうと思います。

「着飾る」「虚飾する」ではなく、「自分はどうありたいか」を見定めていくときに「自分株式会社」というテーマを持ち、持ち物に限らず生き方を少しずつ洗練させパワーアップしていく発想は良いなあと思ったお話でした。

あなたの場合はどうですか?

…ああ、あとここの記事でサイトへ飛んだりとかの文字リンクの色を変えました!(今のところPC表示のみ)今まで本文と同じ色で見づらかったですからね。

どうもどうもー。

MELL THE DINER HOME
MELL THE DINER BRUSH UP ブラッシュアップ
手帳研究所 TOP
MELL THE DINER ONLINE SHOP




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA