. . .

どうもどうもー。
ツシマです。

今日は実行ステップの続き〜

特性に合わせる〜の概論ですね。

「なんか疲れやすいな」「なんで自分だけ出来ないんだろう」誰しも感じたことがある、あるあるかもしれません。しかし、あなたの特性に合わせた生活や活動でなかっただけという場合も、またあるあるです。

自分語りになってしまうんですが、今年本当に痛感したので自分語り。

ここの記事でちょいちょい自分は朝型ということに気付いたと書いてきたんですが、実際気付いたの今年なんですよ(おっそい)。特にBPDで苦しんだ時期は一晩寝ない寝れないとかがザラだったので、朝型とはゆめゆめ思いませんでした。そして、厳密に言うと日照に左右されているみたいです。科学的に検証した訳でもないんですが、体感として。

よく、冬には日照時間が減ることでセロトニンが不足し「冬季うつ」「ウィンターブルー」がおきやすいと言われています。うつ状態まで落ちなくても、意欲が減るだとか、疲れやすくなったり、気分が左右されやすいなどもあるでしょう。

実際、冬の時期に自分はとことんやる気が落ち、ぜんぜんMTDに手をつけられないみたいなことが多発しました。日光にあたるのはだいじというのは知っていたので積極的にあたるようにしたり、窓際で作業するように心がけたりもしたのですが、やっぱりダメだったんですね。

で、日照に左右されていて朝型っぽいと気付いたのは夏でした。朝、この記事を書いたり写真撮影。ライスワークの日は帰りにWendy’sに寄って暗くなるまで作業をして歩いて帰る。をやっていました。

だんだん秋に近づき、日の入りが早くなってきました。そうすると、帰りのWendy’sでの作業に集中出来ないことがものすごく増えてきたのです。こらいかんバイと。いかんですよと。

サマータイムならぬウィンタータイムを考えることにしました。朝なら頭が動くので、全部朝にやることにしました。そして、そうそうに帰宅し、そうそうに寝る。翌朝はそうそうに起きる。そうそうそうそう。5時起きの21時就寝ですか。

夕方プロレスの試合があっても、作業をしながら観るということもなく、食事やリラックスタイムで見ることが出来るので作業のジャマにもならず、試合をちゃんと楽しめます。夕方早く帰れたら家事をすることで、ライスワークのない日の家事時間を減らすことが出来ます。また、朝にすると夕方よりもメンタルが落ち着いているので、クリアな状態で作業出来ることがかなり増えました。

…とまあ、特性に合わせるだけで「出来ない自分」「習慣化出来ない自分」「やる気がない自分」が変わったりする訳ですよ。というのが、今回の特性に合わせる〜です(概論の割に自分語り長かった)。

1.性質
2.コアタイム
3.環境
4.全てを裏返す

1.性質

ビジュアルに頼るのか、それ以外か。
感情に左右されるのか、論理的思考か。
感覚に左右されるのか。機能性を重視するのか。
内向的か、外交的か。

心理学的にはもうちょっといろんなパターンがあるでしょうが、これらの自分の特性にあわせて行動出来ると対処法がわかってすごい便利。

例えば、自分は感覚に左右されます。めっちゃ持っていかれます。快楽主義者じゃなかろうか。美味しいもの、心地良いものに依存しやすいです。痛い・苦しいからすごい逃げようとします。対策はどうしたら良いでしょうか?そういったお話です。

2.コアタイム

さっきの朝型に気付いたみたいなお話ですね。

誰しも、コアタイムがあります。起きてからしばらく経った後からスタートし数時間がコアタイム…という方が多いですが、夜にやるほうが波に乗る方もいらっしゃいますし。あなたのコアタイムにやりたいことや、身につけたいことをやると他の時間よりも効率良く出来る的なことです。病院で検査とか、チェックリストで判明するとか、なんとなくの思い込みでわかるようなものでもなく、自分の場合みたいに若干の試行錯誤をしたほうが確実です。

3.環境

環境に対して繰り返し言いますね我々はね笑。

生まれたときは新聞・ラジオ・テレビ・雑誌・リアル(ご近所・友人知人)がメディアだった世代..と、デジタルネイティブ。それらのメディアに加えて生まれたときからパソコン・ネット・スマホがある世代とでは、端末への抵抗感の低さだけではなく、情報への接しかた・考え方・仕事の選択肢。ぜんぜん違います。

1990年代に青春を過ごした自分なんか、2010年代のアイドル最強時代から2020年に近付いて再びバンドやシンガーソングライターが強くなってきた今をとても喜んでいます。アイドルもいるんだけど、バンドもいっぱいいるよ!どれを推してもどれを聴いてもそれぞれ良い!っていうのがやっぱり良い。余談でしたね笑

4.全てをひっくり返す

これは必要な人のみです。あなたの欲しい結果に対して、あなたの現状・持てるもの全てをひっくり返して挑む必要がある場合です。

たとえば朝型の自分が、医師に転職したいという強い夢が出来たら。すべてをひっくり返さなければならないでしょう。まる1日勉強し、まる1日病院に缶詰になって研修し、そしてそれだけの学費を捻出し、晴れて医師になった後も夜勤が待っています。そんな場合、どうするかといったお話です。長くなるのでこれは各論のときにでも(自分語りで長くしたくせに)。

…ということでお知らせ!MTDでも秋の手帳キャンペーンを実施中です!(最後に宣伝を持ってくるストロングスタイル日々継続中)

いろんなレイアウトもご用意しています。マンスリーを全部お試し出来るセットも期間限定で発売中だよ!

キャンペーン詳細はこちらから

お店はこちらから
MTD秋の手帳キャンペーン

どうもどうもー。

MELL THE DINER HOME
MELL THE DINER BRUSH UP
BRUSH UP ARTICLES TOP
MELL THE DINER ONLINE SHOP




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA