. . .
ワークで自分を知る

どうもどうもー。
ツシマです。

昨日はお騒がせしました。今日は大丈夫です!ヤッター

昨日書こうと思っていたことを書いていきたいと思いますよ。

自分を知る方法について、「どんな方法があるか」ですね。

自分を知る方法

大きな区分けは、「自分でやるか」「他人とやるか」です。「自分でやる」方法がほとんどですが、他人とやる方法は大掛かりな分、客観的に知ることが出来るのでやらない手はありません。

●自分でやる方法
・ワーク…質問に答える形式。書いて判明するもの。

 ワークのほうが圧倒的に簡単で手軽です。多くの手帳術で見られるやり方だったり、就職活動の前の自己分析はここにあたります。やりたいこと100個リストアップする…なんかもここですね。誰に見せる訳でもないので、正直に書き出すことが出来ます。例えば、親に言われて傷付いたことであったり、誰にも話していない夢や目標を書き出すことも可能です。

のちのち、MTDでもワークは出していきたいなと思っていますが、書籍も多数発売されていますし、そういったサイトもあるでしょう。

いろんな項目についてたくさん書き出していくだけでも、かなり自分を知ることが出来ます。

・実際に動く…持ち物や時間の過ごし方・食事・転職してみる・引越など、実際にやってみて判明するもの。

 自分で試行錯誤して判明するものです。仮説をたてて実行し検証します。

正直、やってみないとわからないものも多くありませんか?バンジージャンプこわいこわい!と言っていた人がスカイダイビングにハマるみたいな。そこまでじゃなくても、「ハンドメイドアクセサリー作ってみたいなあ。でも不器用だし…」と思っていた人が、30分くらいのワークショップに行ってみたら「案外出来るじゃん!」と目覚めたり。インターンもそうですよね。興味のある業界でちょっと働いてみて、もっと続けたいとか違うほうが良いかなとか。とっても良い制度だと思います。

思っているだけだと自分の固定観念や先入観がどうしてもついてきます。ちょっと派手なアクションだけど「実際に動いて自分を知る」というのはワークには出来ないことです。ある程度期間を絞ってトライしてみて、自分はどんな感じか知るというのはおすすめです。

●他人とやる方法
・簡単なやつ…健康診断、似合う色チェック、有料のワーク

 デパコス(デパートコスメ)とかのカウンターやエステに出向くと、肌のキメを見られるほど高性能のマイクロスコープで肌を見られます。これはさすがに肉眼では見られないですよね。

 健康診断もそうです。そんなに太ってるつもりなかったのに血中コレステロール値が上がってたなんてのは、自分ではわかりません。

 ワークも、自分で取り組むものの他に「あなたはこういう傾向があるようです」と詳しい解説をつけてくれる有料のワークやセミナーがあります。

 自分の目ではない、客観的な視点で見てもらえるので、この簡単なやつはぜひやってみましょう。まあ健康診断は絶対やろう(昨日痛い痛いって言ってたヤツの説得力のなさ笑)。

・もうちょっとかかるやつ…人間ドック、カウンセリング、お教室

 もっと深ーく調べてもらえる系ですね。セミナーでワークをやると、どうしてもその「知る方法」を学んで終わりになりがちですが、カウンセリングだと1対1でしっかり見てもらえます。

 さきほどのハンドメイドもそうですが、ワークショップではなくお教室として長期的に通うことで「こういった傾向がある」「どんな雰囲気のほうが向いているのでは」など、その日限りではわからないことも見てもらえます。

 勤務先も、1on1があるところだと客観的な仕事ぶりを教えてくれますので「自分ではがんばっているつもり」「出来ていないつもり」にまた新たな視点をくれることがあります。

目標や、やりたいことを知りたい場合においても、この上から順番に試していくのはいかがでしょうか。ワークである程度判明し、じょじょにいろんな方法を組み合わせて判明させていきます。

ワークは似通った質問がどうしても多いので、ワークばかりを繰り返しているとノウハウコレクター(実践が伴わず、方法ばかりをたくさん知っているものの問題が解決しない状態)に陥ってしまいます。

逆に、「実際に動く」「他人とやる」からいきなり始めると、横道にそれがちなのでまずはワークから。

例えばですが、断捨離なんかは「実際に動く」のやり方です。

持ち物を厳選していく過程で「こういうものが好きだったんだ」「本当は何をしたかった」「どういった将来にしていきたいか」を嫌でも考えることになります。これはとても良い「自分を知る」方法です。

持ち物がすくない人はとことん少ないですし、持ち物を減らしたことで成功体験を得た人の話を聞いてしまうと「持ち物を減らすことがゴール」「少ないことこそ正義」になりがちで、あなた自身がそこの中心にいない状態になってしまいます。

まずはワークであなたの価値観をある程度掘り下げておいて、それを仮説として実際に動いていきます。その中で「自分の価値観に合う」と思うものだけを残しながら「これは合っているか」「これを減らしても生活が成り立つか」を検証していきます。そんな感じです。

…ということでお知らせ!MTDでも秋の手帳キャンペーンを実施中です!(最後に宣伝を持ってくるストロングスタイル日々継続中)

いろんなレイアウトもご用意しています。マンスリーを全部お試し出来るセットも期間限定で発売中だよ!

キャンペーン詳細はこちらから

お店はこちらから
MTD秋の手帳キャンペーン

どうもどうもー。

MELL THE DINER HOME
MELL THE DINER BRUSH UP
BRUSH UP ARTICLES TOP
MELL THE DINER ONLINE SHOP




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA