. . .

自分を知る- 4.インタビュー

どうもどうもー。
ツシマです。

ベルト奪還は…なりませんでした…残念!秋から怒涛のシングル戦線がはじまるので、逸材にも頑張って欲しいですね。(完全な個人の趣味で、知らない人が置いていかれるパターン)

さて、今日の記事です。

自分を知る

ほんのちょっとだけ一緒に暮らしたことがあるテツとメル会長のツーショット。

自分を知る手段として、周囲の人にきいてみるのもアリですよねってお話です。

仲の良い友人に自分の印象を訊いてみたりするのも良いかもしれません。家族や、訊けそうな間柄だったら先輩後輩同僚上司部下でも良いですね。LINEとかで訊かず、対面がおすすめです。対面でそういう話が出来る相手にしましょう。

相手が抽象的な質問でも答えられる聡明な人だったら、ズバリ「自分の印象ってひとことで言うとどんな?」と訊いてみてください。最初に出てきた言葉が、あなたの大きなイメージです。

というか、そういう人にだけ訊いたほうが良いかもしれません。上司との1on1ならともかくですが。

電話だとすごい剣幕でクレームが言えるのに対面だと言えない人がいるように、顔が見えている・その場にいるだけで心理的効果がだいぶ違うんだと思いますが、対面がおすすめです。

誰でも無作為に訊くのはギャンブルです。

前提として

・アゲ過ぎ・サゲ過ぎ
・ダメ出しばかりしてくる
・よくよく聞いていたらあっちの話ばかり
・マウンティング
・別の話にすぐ変わってしまう
・イデオロギーに結びつけてくる(敵対してくる)
・だいじなことを言わない
・そもそもそんなに仲良くない
・相手の心身の調子が良くない
・すぐいっぱいいっぱいになる・余裕がない

ような人は、あなたのことをちゃんと見ていない人なので、仮に答えてくれても大した収穫はないのでやめときましょう。

・あなたに忖度する
・空気を読み過ぎる
・ネットで愚痴を書く

ような人は、本音をオフラインで言う機会が少なかったり、このような会話が苦手だったり、あなたとの間に壁を立てている可能性があるので、オフラインでこのような会話をしたとしても本人が思っていることとは別のことを伝えてくる可能性があります。芯から悪い人ではないと思いますが、あなたの印象を訊く人としては適任ではないと思います。

教えてくれたら、お礼です。中にはすごく意外なことを伝えてくれる人や、耳の痛いことを言ってくれる人もいるかもしれません。その気持ちや勇気はあなたに向けられたとても貴重なものです。お礼は伝えましょう。万が一、伝えてくれたことが「相手が迷惑していること」だったら、真摯に改善したいものです。

訊くばかりでなく、相手のことも伝えてあげましょう。さっきのようにアゲ過ぎサゲ過ぎ等にならないように注意ですよ。

どうもどうもー。

MELL THE DINER HOME
MELL THE DINER BRUSH UP ブラッシュアップ
手帳研究所 TOP
MELL THE DINER ONLINE SHOP




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA