どうもどうもー。
ツシマです。

今日はいろいろまとめて

1.メル会長その後

こちらのブログが、メル会長についてのお知らせ以来おいとましちゃってましたね。

メル会長は現在透明ではありますが、今は福岡と東京を自由に行き来すること以外はやってることはほぼ変わらずです。たぶん、お仕事も精力的に協力してくれています。ジャーキーやお水もしっかり補給しつつ。

2.次回デザフェス

次回秋のデザフェスは、最初の応募締め切りは過ぎたもののまだ募集しているので、出展はもう少し悩みます。

コロナ感染拡大の勢いが読めない
昨年秋出展したとき流行っていたコロナ株と違ってむちゃ強い
医療機関切迫など
だいたい、自分の体力戻ってるのか?

が理由です。前回は搬入口の近くで風通しも良かったのですが、こればかりは運ですし。

また、秋は手帳の季節なので、上記の「大丈夫なのか不安」がもう少し小さくなればまた考えます。

3.9月の祭りについて

毎月、何かしら祭りをすることにしました。

秋は手帳の季節。9月のMTD祭りは新商品ラッシュです。

こんな感じでシステム手帳の新柄が6種類登場します。お楽しみに!

あと、もう一つアクセサリーの祭りも行う予定です。

4.ミニチュア仕様変更・プラ板アクセ登場

ミニチュアピアスorチャームの製作・販売のラインナップを

プラ板製ピアス・イヤリング・チャーム
or
ミニチュアチャーム

に変更します。理由としては

体調の事情
消毒のしやすさが気になり始めた
作りと価格の兼ね合い

です。

体調に関しては、自分は乱視・強近視・ストレートネック・頭痛になりやすい。そもそもミニチュア製作には向いていない体質でした。作り始める前に気付いて!笑

でも、ミニチュア自体はとても好き。始めた時も少しずつ製作してはいたのですが、それも今年頭から盛大に体調を崩し、痛みから座っていられない時期が数ヶ月。ミニチュアの製作が完全にストップしてしまいました。

今は痛くないし座ってもいられるのですが、ホルモン治療中で無理が身体に出やすくなっています。

消毒のしやすさに関しては、ミニチュアは細かいところの消毒が難しいです。アルコールで汚れそのものをふき取ったりは出来ません。

直接素肌に触れるものなので、コロナ禍になってから消毒しやすいものを提供したいと考えるようになりました。

(現在MTDのミニチュアアクセをお持ちの方は、少しだけ直射日光にあててもらったり、UV消毒ケースに入れてもらうことで消毒するようにお願いします。金具部分をアルコールティッシュで拭き取ってもらう分には問題ありません)

作りと価格に関しては、MTDグッズでメインはあくまで手帳や文房具。ミニチュアアクセはメイン商品ではなく、ファンシーショップで販売されているような安価で気軽な雑貨でありたいと思っています。

ミニチュアの作りにこだわり始めると、それこそ「作家さん」であったり「ミニチュアアーティスト」みたいになって、お値段を上げなければいけません。実際、現在販売している1200円でも厳しいくらいです。

以上の理由から、この際ラインナップを変更することにしました。

この写真のように、ドット絵をプリントしたプラ板アクセに変更します。そもそもドット絵感ゼロのミニチュアも多かったので、ここは原点回帰でもあります。

プラ板をレジンでコーティングしているので色が落ちる心配もなく、ミニチュアより雑に扱っても無事です。表面もつるっとしていて複雑な構成ではないので、なんなら泡モコで洗うことも可能です。

ピアス・イヤリング・チャームの3種展開、4つセットで1000円の予定です。価格はもう少し悩むかもしれません。複数セットご購入で割引なども検討中です。撮影次第、順次入荷していきます。それが9月の祭り第二弾です。

ミニチュアはチャームのみにし、仕様も変更する予定です。ゼロから自分がパーツを作るのはメルモールメンバーの顔がプリントされているものだけにし、その他はミニチュアパーツを仕入れ&組み合わせて作るものに変更…と考えています。また、価格は現在の1200円よりも上げる予定です。

プラ板祭りが終わり次第、現在販売中のミニチュアアクセを取り下げるかまた考えます。

5.この世に納得いかない

MTDのTwitterアカウントでは、漫画や小説など世界観が強いものはRTしたりお知らせしたりはしていません。好きなもの・良いもの素晴らしいもの広めたいもの・作者さんが一生懸命作ってらっしゃるもの…「あああ!これも皆見て!」と思うものが本当にたくさんなんですけど、MTDのカラーから極端に離れてしまう世界観のもの・R18のものは控えています。ごめんなさい。MTDのPC版トップページにドット絵の水着のおねーちゃん載せてるくせに。本当ごめんなさい。

今回、ひとつだけ喋りたいお話があってそれだけ書きます。今年春、pixivで話題になった溺 英恵さんの漫画「売れっ子漫画家×うつ病漫画家」です。クリエイターとしても身につまされる表現がたくさん出てきます。

自分が春、寝たきりシーズンだったときに見かけて読み、引き込まれました。一応BLらしいのですが、今のところR18的な展開になってないです。表現の重さはR18級ですけども。

その第6話の中で、売れっ子漫画家が「この世に納得いかない」と考えているくだりが気に入っています。

「売れっ子漫画家×うつ病漫画家」この世に納得いかない

この絵のコマですね。真似してがんばって描きました。

自分は作中の売れっ子漫画家ほど成功している訳ではありませんが、たくさんの才能ある人や夢を持った人が、他人に深く傷つくことでその才能を生かせず・夢を手放し・諦めていく人が多い世の中に納得いっていないというのは強く感じています。

他人を尊重しない人(この漫画で例えると四階さん)はどこに行っても必ずいます。残念ながら。

人によっては親かもしれません。学校の先生かもしれません。会社の上司・取引先かもしれません。恋人や家族、友人、クラスメイトかもしれません。本人に悪気も嫌味もなく、笑顔で物腰柔らかく華麗に傷つけられることもあるかもしれません。

強く生きて欲しい。声の小さい優しい人の才能が活かされないことが、夢がなくなることが、納得いかない。

そういう理由だけではないんですが、そういう理由でもMTDでは手帳をやっています。手帳を作って販売し、手帳術についてコンテンツを展開しています。

他人の目ではなく、自分自身と向き合い、力強く、夢や目標、「こうやって生きていきたい」という思いを、現実にしていけるように。誰が何と言おうと、自分の夢を自分自身が忘れ否定してしまっても、手帳は決意して記入したその日のその気持ちをブレずにそのままで、開く度にあなたに言い続けてくれます。誰もがあなたの夢を否定したとしても、関心を持ってくれなかったとしても、手帳だけはあなたが否定するような言葉を記入しない限り、応援してくれます。

そう思っています。

MTDの手帳は決して安くはありません。でも、手帳術に関しては無料で提供しています。ネットにさえつながれば読めます。切れ端でも100円ショップのノートでも、始められます。

あと、この漫画で好きなところは売れっ子漫画家がシステム手帳を使っていて、しかもミニ6だということです。

売れっ子漫画家が、大好きなうつ病漫画家にサインをねだるくだりも第6話にあります。

「売れっ子漫画家×うつ病漫画家」サインください!

いいぞシステム手帳は(結局そこ?)。

どうもどうもー。

MELL THE DINER HOME
MELL THE DINER BLOG TOP
MELL THE DINER ONLINE SHOP